CONTACT
魔法について
基本的には、昔、超能力や超現象として扱われていたもので、人間が固有に有していた能力が理論化されたもの。古い歴史としては、神魔法と呼ばれる神人が扱う術式を人間が扱えるよう簡略化し、生み出したものが魔法とされている。すべての人間に魔法使いとしての素質があるわけではなく、適正ありと判断されたものだけが魔法使い候補として魔法学園への入学が認められる。
魔法の使用について
基本的には魔力を媒体に、魔法術式を用いて発現する。 空間に円形の構成式を描き、音声を媒体に魔力を注入し、発現させる。この魔法式は、魔法使いとしての素養をもつものにしか見えず、また個々人によって感覚が微妙に異なるため、その構成の編み方は多少異なる。基本的には攻撃術式よりも防御術式の方が構成を編むのが早く、同格の力を持つ魔法使いの戦いでは、魔法は絶対的な決定打とはならないことが多い。
魔法の使用について 魔法の使用について
魔粧について
魔法式を自らの周囲に展開し、開放することによって一定時間自らの魔法力を著しく向上させることが出来る特殊技術。魔粧することによって通常の何倍もの魔法力を得ることができる。また、魔法使いとしての最低条件とされている。衣装と一緒に、自らの適性に合った武器が具現化されることが一般的である。
魔粧について
指輪
魔法式の補助として用いられるもので、入学の際に学園から支給される。昔は杖のようなものを持つのが一般的だったが、近接も含めた現代の魔法戦闘においては不便であることから指輪へと変化した。
指輪
戦闘スタイル
魔法士 魔法士
自らの身体や武器に干渉し、強化し戦うタイプの総称。魔法はあくまでも補助的な用途に限定され、相手へのけん制として構成速度が速い簡易なものを用いることが多い。近接戦闘を好むものはこのスタイルを選択する。
魔法師 魔法師
強大な魔法力を用いての大規模攻撃を得意とするタイプの総称。威力は高いが、複雑な魔法式の展開には多くの時間がかかるため近接戦には向かず、主に遠隔戦で力を発揮する。
攻撃魔法式
相手への攻撃を行うために用いるもので、威力や発現における自由度は、魔法構成式の練度によって異なり、また術者よって魔法式の得手不得手が存在する。習得度は下記グラフによって大まかに決定し、自系統は100%の精度で扱え、その周囲の系統は比較的魔法式の応用が利き、逆に遠い系統は苦手とされる。
防御魔法式
目の前に光の壁のようなものを発現させるのが一般的で、攻撃魔法式とは別の、独自構成式となる。構成式はシンプルで基礎的なものなので、得手不得手は存在しない。基本的に同程度の魔力を有する魔法使いの攻撃魔法式は防げるとされており、また構成も簡易なため、攻撃魔法式よりも展開が素早く行える。
防御魔法式 防御魔法式